映像制作の流れ

1.まずはお問い合わせください

お電話またはこのホームページのお問合わせページからお問い合わせ下さい。

矢印

2.御見積りのために撮影の内容をヒアリング

ホームページからお問い合わせをいただいた場合、弊社担当者よりお客様にご連絡いたします。
その際に、お客様の撮影内容をヒアリングさせていただきます。
主なヒアリング内容は
・演奏種類(例:コーラス、オーケストラ、バレエ、演劇・舞台など)
・撮影場所、日時、人数など
内容が確認できたところで御見積りを作成し提出します。

矢印

3.ご注文

御見積りの内容に納得していただければ、正式なご注文として承ります。

矢印

4.詳細内容のヒアリング、資料(楽譜等)の受領

経験豊かなスタッフがヒアリングいたしますので、初めての方にもご安心いただけます。
頂いた楽譜から当社でカット割りの構成を作案致します。
その他、本番以外でのご要望(映像の追加や編集内容について)などをお聞きします。

<お客様に準備頂くもの>
楽譜・音源だけでOK

矢印

5.当社で事前下見を行います

お客様の練習会場にお伺いし、簡単な取材と練習風景を見させていただきます。
提供頂いた楽譜や音源だけではわからない生の姿を見させていただく作業になります。

<お客様に準備頂くもの>
なし。普段どおりで結構です。服装など何も気にしなくて結構です。

矢印

6.本番収録

当日は、お打合せの内容と事前に提出頂いた楽譜をもとに撮影を行います。
すでに、下見とリハーサルをして映像の構成作りを行ってあるので、カメラマンは楽譜を追いながらの撮影となり、カット割りにこだわった映像撮影が可能です。

矢印

7.編集作業

収録が終わったら編集作業を行います。
映像内に文字表示などをおこないDVDやBlu-rayなどのメディアに記録します。

・納期はおよそ2ヶ月から
・日本音楽著作権協会(JASRAC)へ映像に関わる著作権料の支払いも当社で行います。

矢印

8.納品

メディアを梱包し宅急便で発送いたします。各メンバーへ発送を行うなどの個別対応も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にお問合せ下さい!
TEL:0266-22-3052 電話受付:9:00~18:00(土日祝日も受付中) お問合せバナー